手すりをつけて安全なお風呂に

お風呂に手すり

お風呂場は滑りやすく、お家の中でも転倒事故が多い場所。
高齢者のご家族がいる場合はもちろん、老後のことを考えると手すりがあった方が安心です。

お風呂に手すりは必要?

お風呂に手すりをつけるメリットと、おすすめの取り付け場所をご紹介します。

ここでは一般的な取り付け場所をご紹介しますが、もちろん手すりを必要としている方に合わせて設置するのが一番大切です。

お風呂に手すりをつけるメリット

安全なお風呂なら自分で入れる

手すりがあるお風呂なら自分で入れる

年取って体が不自由になってきた人にとって、日常生活を誰にも気兼ねせず自分でできるのはとても大きな意味があります。

自分でできる生活は、行動が広がり、気持ちにも張りが生まれて笑顔が増えます。

お風呂での転倒防止

お風呂で転倒

浴室の床は濡れていて滑りやすいですし、脱衣所と浴室の段差でつまずいて転んでしまうケースも少なくありません。

手すりがあることでつかまりながらゆっくりと移動できるため、転倒のリスクを減らせます。

なお、手すり以外に滑り止めマットなどの併用も有効です。

立ったり座ったりが楽

手すりをつけるとお風呂の出入りが楽

身体を洗って椅子から立ち上がるときや、浴槽に出入りするとき…
お風呂場では立ったり座ったりすることが多いですが、手すりにつかまることで体勢が安定し楽に立ち上がれます。

手すりの取り付け場所は?

お風呂の床

では、お風呂の手すりはどこに取り付けたら良いか?代表的な取り付け場所を紹介します。

「せっかく手すりをつけたのに、使ってない」

そんな事にならないように、手すりを必要としている方の体型や生活習慣を第一に考えましょう。

お風呂の出入り口

お風呂の出入り口に手すり取り付け

ドアを開け閉めする際や、段差をまたぐ際はバランスを崩しやすいため、手すりがあると安心です。

浴室の壁に手すりを設置

お風呂の壁に手すり設置

足腰が弱っている場合、常につかまるところがあると良いです。
そのため出入り口~洗い場~浴槽の移動を考慮して横型の手すりを取り付けます。

浴槽の中や上

浴槽の上に手すりを設置

浴槽に出入りする際はバランスを崩しやすいため、補助用に手すりを付けます。

特にお湯の中から立ち上がる際は浴槽内で姿勢を崩すと溺れてしまう危険性があるため、手すりが有効です。

手すり取り付けまとめ

お風呂に手すりを取り付けることで、お年寄りだけでなく子どもさんや妊婦さんなど家族みんなに優しいお風呂になります。

手すりがあるとより安全に、安心して住み続けられますね。

ゆい工房には福祉住環境コーディネーターが在籍、介護リフォームの実績も多いので、知識と経験を生かしてアドバイスします。

さらに、手すりなどの介護を目的としたリフォームには補助金や介護保険が適用されますので、そんな知識もしっかりとご共有。

ご家族が安心して快適に暮らせるよう、精一杯お手伝いします。どうぞお気軽にご相談ください。

>介護リフォームのページ

リフォームを初めて検討される方へ

ゆい工房ってどんな会社?

よくある質問

介護リフォームに使える補助金はありますか?

はい。
新潟市ですと「高齢者向け住宅リフォーム助成」「子育て・高齢者支援健幸すまいリフォーム助成」があります。新潟市外でも同様の助成がありますが、細かい条件が違いますのでご注意ください。
また、介護認定されているご家族の介護目的のリフォームに対しては、介護保険からの支給も利用できますので、合わせてご検討ください。

>補助金のページへ

お風呂リフォームの工期はどれくらいですか?

お風呂リフォームの工期は3日~10日です。
ユニットバスの入れ替えだけでなく給湯システムの変更があるなど、工事の内容によって変わります。

>お風呂リフォーム