子育てエコホーム支援事業が始まります

子育てエコホーム支援事業

省エネ投資の下支えを行い、2050年カーボンニュートラルの実現を図ることを目的とした事業です。(国土交通省)

リフォームの場合はお子さんがいない世帯も対象です

子育てエコホーム支援事業

新築はお子さんがいる世帯が対象ですが、リフォームは全世帯が対象になります。

ここではリフォームについてのみご案内しています。

細かい決まりがありますので、なかなか分かりづらいですよね。詳しくは相談会などで個別にお答えいたします。

新潟市の新潟市健幸すまいリフォーム補助金との併用可能です。

子育てエコホーム支援事業の補助金額

補助額の合計が最低5万円から申請可能となります。

なんの工事でいくら補助?

例えばこんな工事です。水まわりを例に上げていますが、幅広い工事が補助対象になりますので他の補助対象工事もご確認ください。

子育てエコすまい支援事業_補助金額例_トイレリフォーム

この他、お風呂の間口や廊下幅を拡張する工事も補助対象になります。

子育てエコすまい支援事業_補助金額例_お風呂リフォーム

「キッチンの対面化改修」で補助を受ける場合は、掃除しやすいレンジフードとビルトイン自動調理対応コンロは補助を受けられません。

子育てエコすまい支援事業_補助金額例_キッチンリフォーム

他の対象工事は>補助対象工事一覧

上限額

対象者上限額
一般世帯20万円
子育て・若者夫婦世帯※130万円
子育て・若者夫婦世帯でかつ既存住宅を購入※2しリフォーム60万円/戸
一般世帯が長期優良リフォーム30万円/戸
子育て・若者夫婦世帯が長期優良リフォーム45万円/戸

※注
※1:交付申請時点で18歳未満の子と同居している世帯、夫婦が同居しておりいずれかが39歳以下の世帯(単身赴任などはOK)
※2:新築から1年以上の既存住宅を購入し売買契約から3か月以内にリフォーム契約を締結すること

子育てエコホーム支援事業の期間

対象期間:契約日を問わず令和5(2023)年11月2日以降に着手したもの

申請期間:令和6(2024)年3月中旬~令和6(2024)年12月31日※早期終了あり

予算を消化し次第早期終了しますのでご注意ください。(例えば2023年度の同様事業は9月下旬に早期終了しました。)

子育てエコホーム支援事業の工事(必須)

省エネ改修

省エネ改修が必須工事です。必須工事を行わない場合は補助金対象外です。

開口部の断熱改修
内窓の設置

内窓(二重窓)

今ある窓の室内側に内窓を設置する工事。

更にエコ性能が高いもの(Uw値1.9以下等)に関しては「先進的窓リノベ2024事業」の方が補助額が有利になりますので合わせて確認してください。

サイズZEH基準省エネ基準
大(2.8㎡)~3.4万円2.5万円
中(1.6~2.79㎡)2.7万円2.0万円
小(0.2~1.59㎡)2.2万円1.7万円
外窓の交換

新潟市東区S様邸風呂リフォーム中_外壁補修

今ある窓を撤去して新しい窓に取り替える工事。

サイズZEH基準省エネ基準
大(2.8㎡)~3.4万円2.5万円
中(1.6~2.79㎡)2.7万円2.0万円
小(0.2~1.59㎡)2.2万円1.7万円
ガラス交換

複層ガラス

窓にはまっているガラスが1枚から2重ガラス(複層ガラス)等に交換する工事。

サイズZEH基準省エネ基準
大(1.4㎡)~1.4万円1.1万円
中(0.8~1.39㎡)1.0万円0.8万円
小(0.1~0.79㎡)0.4万円0.3万円
ドア等の交換

新潟市北区K様邸フルリフォーム後_外玄関

屋外につながるドアや引き戸を新しいものに交換する工事。

サイズZEH基準省エネ基準

ドア1.8㎡/引き戸3.0㎡~
4.9万円3.7万円

ドア1.0~1.79㎡/引き戸1.0~2.99㎡
4.3万円3.2万円
外壁、屋根・天井または床の断熱改修

新潟市北区K様邸フルリフォーム_断熱材充填

上記箇所について最低使用量以上の断熱材を使用する改修工事。

使用する断熱材や住宅によって条件が違いますので、詳細は事業公式ページをご確認ください。

箇所ZEH基準省エネ基準
外壁15.1万円11.2万円
屋根、天井5.4万円4.0万円
9.6万円7.2万円
(部分断熱の場合は補助額の1/2)
エコ住宅設備の設置

新潟市東区A様邸リフォーム後_トイレ

下記の住宅設備の設置工事が対象になります。

設備補助額
節水型トイレ2.2~2.0万円
高断熱浴槽3.0万円
節湯水栓0.5万円
高効率給湯器※3.0万円
※エコキュート/エコジョーズ/エコフィール/ハイブリッド
2025年目標基準値をクリアする機種に関しては「給湯省エネ事業2024」もご確認ください。
太陽熱利用システム3.0万円
家庭様蓄電池6.4万円

子育てエコホーム支援事業の工事(必須以外)

上記に掲載した必須工事と同時に行う場合のみ補助対象となります。

「先進的窓リノベ」「給湯省エネ」対象工事と同時に申請する場合は、補助対象となります。その場合2万円から申請可能です。

子育て対応改修

名前が矛盾してますが子どもさんがいない世帯も対象です。

  • ビルトイン食洗機の設置
  • 掃除しやすいレンジフードの設置
  • ビルトイン自動調理コンロ設置
  • 浴室乾燥機
  • 宅配ボックスの設置
  • 窓のガラス交換
  • ドア交換
  • 内窓設置
  • 対面キッチンの設置

防災性向上改修

防災を目的とした窓の交換改修です。

バリアフリー改修

バリアフリー化を目的としたこれらの改修です。

  • 手すりの設置
  • 段差解消
  • 廊下幅の拡張
  • 衝撃緩和剤の設置

空気清浄・換気機能付きエアコンの設置

空気清浄機能・換気機能付きエアコン(一定の省エネ基準を満たすもの)を対象とします。

リフォーム瑕疵保険への加入

国土交通大臣が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱うリフォーム瑕疵保険及び大規模修繕工事瑕疵保険を対象とします。 

注意点

合計補助額が5万円以上から申請可。(「先進窓リノベ事業」「給湯省エネ事業」と併用する場合は2万円以上)

期限が早まる可能性があります。(予算を消化次第終了)

補助金は事業者に交付され工事代金から差し引く形が基本となります。

新潟のリフォームならゆい工房へ

補助金は申請をしなければ受け取ることができません。
決して馬鹿にできない金額ですので、条件が合うなら必ず利用しましょう。

ゆい工房でリフォームしていただいた際には面倒な申請手続きをサポートします。

毎月のリフォーム無料相談では、どんな工事が補助金対象になるかなどもわかりやすくご説明しますので、お気軽にご参加下さい。

新潟リフォームゆい工房スタッフ ゆい工房 佐藤 勝

相談会情報

ゆい工房ってどんな会社?

よくある質問

なぜ断熱が必要なのですか?

大きく分けると4つ理由があります。
1、家族の健康ため。・・・屋内の温度差によって血圧が上がったり下がったりし、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞を招く「ヒートショック」を防ぎます。2006年のデータでは、年間14,000人がヒートショックで亡くなっています。
2、地球環境のため。・・・正しく断熱されていると冷暖房が効きやすいので、省エネルギーになります。(家計にとっても省エネになりますね。)
3、家の長持ちのため。・・・正しく断熱されていると壁の内側の結露が発生しにくいので、家の内部構造のカビや腐食を防ぎます。結果、家が長持ちします。
4、快適に過ごせる。・・・部屋の暑さ・寒さは、暮らしに直結します。広い家なのに、寒さを防ぐために間仕切りして小さく使うのはもったいないと思います。

新潟市で使えるリフォーム補助金はありますか?

新潟市健幸すまいリフォーム補助金などがあります。
予算を消化次第終了するなど、期間が決まっていない制度は終了している場合がありますのでご注意ください。

≫ 新潟市リフォーム補助金

リフォーム補助金情報をもっと見る