和式トイレから洋式にリフォーム

段差のある和式水洗トイレ

新潟でも見ることは少なくなってきた和式トイレ。

特に年をとって足腰が弱くなってきた方には、負担が大きいです。

和式トイレから洋式にリフォーム

「うちは段差もあるし費用が掛かりそう」

「リフォーム中はトイレを使えないの?」

そんな心配をなさっている方のために、和式トイレから洋式にリフォームするときについてご案内します。

和式トイレから洋式トイレへのリフォームにかかる費用

洋式便器のタイプ

費用=必要な工事費+本体と周辺機器代

本体+周辺機器8万円~35万円
内装3.5万円~
解体撤去、下地工事5万円~
着脱工事2万円~
電気工事1.5万円~
合計15~60万円

費用内訳として、本体・周辺機器の金額、解体・工事費用、内装や電気工事費用があります。

「どんな工事が必要か」+「どんな機種を選ぶか」で費用の差が出てきます。

工事については、既存のトイレ内装がタイルであったり、段差があったりすると工事費用が高くなりがちです。

和式トイレには電源が来ていないことが多いため、洋式にする際に電気工事が必要であることも多いです。

本体+周辺機器は、トイレ本体+便座+タンク。タンクがあるタイプ、ないタイプ、タンクとトイレ本体が一体になっているタイプ、タンク、便座、本体すべて一体になっているタイプがあります。

低価格の本体に、シンプルな機能の便座を組み合わせると価格が低く抑えられ、逆に機能が充実した便座やトイレを選ぶと、金額は高くなります。

価格の高い高級機種のトイレは、自動開閉や自動洗浄、脱臭、掃除のしやすくなる機能や形が装備されています。

トイレにどれほどの機能を必要とするか、使う人のことなども考慮して決めると良いでしょう。

和式トイレから洋式にリフォームする工期

仮設トイレ

和式から洋式にリフォームするときの工期は、基本的に2~3日かかります。

トイレのリフォームは半日~1日で終わることも少なくありませんが、和式トイレから洋式にする場合はタイルの撤去や床の大工工事に時間がかかります。

工事中のトイレをどうするか?工事担当者と確認しながら進めましょう。

基本的には、作業が終わったらトイレを使えるよう仮復旧しておいて、翌日また作業します。日中ご不在なようなら仮設トイレはつけないことが多いです。

ただ場合によっては仮設トイレを設置し、その費用は月額2~3万円前後です。

トイレのリフォームに使える補助金

洋式トイレへリフォーム中

新潟市で使える制度は主に下記のとおりです。

  1. 介護保険
  2. 新潟市高齢者向け住宅リフォーム助成
  3. 新潟市健幸住まいリフォーム助成
制度対象者
介護保険介護保険に加入している
要介護1~5または要支援1,2
高齢者向け住宅リフォーム助成新潟市内に住民登録がある
65歳以上で要介護または要支援
世帯収入600万円以下
健幸住まいリフォーム助成新潟市に住民登録があり市税を完納している

もっと細かい条件もありますが、概ねこのような感じです。介護認定されている方は担当のケースワーカーさんに問い合わせてみましょう。

介護認定がないが介護が必要になった場合は、新潟市の各区役所の健康福祉課で相談を。

「新潟市健幸住まいリフォーム助成」に関しては、介護認定は必要条件ではありません。

新発田市や阿賀野市でもリフォーム助成制度が設けられていますので、市役所のサイトなどを確認してみましょう。

補助金を申請する際の注意点としては、必ず申請承認後に着工することです。

簡易洋式便座という方法もある

簡易洋式便座

場合によってはリフォームではなく、取り付けるだけの簡易洋式便座を設置するという方法もあります。

価格は機能によって数千円~10万円程度、取付はご自分でするなら0円です。

・普段使っていない家

・数年以内に大規模リフォームの予定がある

・引っ越す予定がある

などの事情があるなら、必ずしもリフォームしなくても良いかもしれません。

和式トイレを洋式にリフォームする際の注意点

和式トイレ

  • 電気代が掛かる
  • お尻の低温やけどに注意
  • 汚さないように注意

電気を使うようになるので、月に数百円程度ですが電気代が掛かるようになります。気になる場合は節電モードや便座の蓋を閉めるなどして節電に努めましょう。

洋式にすると腰掛けられるのでとても楽です。長居してお尻を温める機能で低温やけどしないように注意です。

また、座って用を足すのに慣れていない人で特に男性は便器の外にこぼしがち。

便器の周りが濡れるので「水漏れした」と連絡があり調べてみると尿がこぼれていた、ということがままあります。

まとめ

和式トイレから洋式トイレ

  • 和式から洋式にする費用は「どんな工事が必要か」+「どんな機種を選ぶか」で決まる
  • 相場は15万円~60万円
  • リフォームに補助金や介護保険を活用できる
  • トイレの使い方が変わるので慣れない人は注意が必要

洋式トイレにリフォームすれば、トイレが随分楽になります。

ゆい工房では、リフォーム後のメンテナンスやトラブル時の修理にも対応しています。

工事して完了ではなく、そのリフォームがお客様を幸せにすることが私達のゴールなのです。

新潟市、阿賀野市、新発田市、聖籠町でトイレを和式から洋式にリフォームされたいなら、ゆい工房へぜひ一度ご相談ください。

>トイレリフォームのページ

>和式トイレから洋式にリフォームした施工事例

リフォームを初めて検討される方へ

ゆい工房ってどんな会社?

よくある質問

リフォーム中のトイレはどうしたらいいですか?

他にトイレがないなど不便な場合には、夕方に仮復旧して使用できるようにしますので心配ありません。各家庭のご都合に合わせて個別にご対応いたしますので、詳しくはリフォーム担当者とお打合せください。

介護リフォームはできますか?

介護リフォームも承っております。
手すりの取り付けや段差の改修など、介護リフォーム(バリアフリーリフォーム)のプランは複数ありますが、ご家族にピッタリのプランでなければなりません。どんな改修が必要かお客様と一緒に考え、より住みよい環境を作るお手伝いをいたします。>介護リフォーム