トイレリフォーム

トイレリフォーム トイレの悩み

トイレリフォームでお悩み解決

毎日家族が使うトイレ。きちんと掃除していても、年数がたつと汚れやニオイがどうしても気になってくるもの。新潟では和式から洋式にしたい・下水道に接続するタイミングでリフォームしたいというご要望が多いです。
ゆい工房ではウォシュレット(TOTO)等の温水洗浄便座をはじめ、アラウーノ(Panasonic)・ピュアレスト(TOTO)・ネオレスト(TOTO)・アメージュ(LIXIL)など人気のメーカーのトイレにご対応します。

リフォームで汚れないトイレに

最新の人気トイレは、タンクレス、フチレス、スキマレス、ひとふき形状などといった便器のフチや部品の隙間がなく掃除しやすい形になっています。
掃除しやすいだけでなく、あらかじめ汚れない・汚れにくい工夫がたくさん。

トイレリフォームで何とかなる?トイレが汚れる原因は?

トイレのフチ裏の汚れお掃除しにくい便器のリム(フチ裏)に汚れがたまる
トイレの隙間の汚れ便器と床の境目の隙間に汚れがたまっている
トイレの目地の汚れタイルを拭いてもタイルの目地に汚れやニオイがしみこんでいる
トイレの隙間の汚れ便座と便器の隙間の普段上げない部分や継ぎ目に汚れがたまっている

最新トイレなら勝手にキレイになる!?

便器表面のコーティング加工やフチ裏のない形状など「汚れにくく・掃除しやすい」機能※がそろっています。(※機種による)

汚れにくいトイレにリフォーム表面つるつる※でこびりつきを防ぐ。流すだけできれいに。
泡で流すトイレにリフォーム流すときに泡が出るタイプ※は、流すたびにお掃除。こびりつきにくく輪じみもナシ。
フチがないトイレにリフォーム便器にフチなし。※手の届かないフチ裏がないのでお掃除しやすい。
スキマなしトイレリフォーム便器が滑らか、継ぎ目や凹凸が少ないので拭きやすい。※
除菌するトイレにリフォーム便器内を自動で除菌※、便座に脱臭機能など快適にする工夫がたくさん。

※メーカー・機種によって仕様が違います。

壁掛けトイレにリフォームで床掃除バッチリ

壁掛けトイレにリフォーム壁掛けトイレなら便器の下に空間があるから、床と便器の境目に汚れがたまりません。
お掃除が楽でスムーズ!
ただ、壁掛けトイレの注意点として、壁に設置するので壁の補強や新たな配管工事が必要になる場合があります。

タンクレストイレにリフォームすると、空間すっきり

タンクレストイレにリフォームタンクの下の床は拭きにくいですよね。タンクレストイレは、タンクがないので掃除が楽です。もちろんタンクがない分空間が広く使えます。
また、水をためる必要がないからすぐ流せるというメリットも。朝のラッシュ時には助かります。
ただ、いままで手洗いをタンク上でしていた場合は、新たに手洗いカウンターや洗面台の設置を考える必要があり、費用がかかります。

壁(クロス)や床のリフォームでトイレ掃除しやすく

トイレの壁や床をリフォームトイレリフォームするなら便器の入れ替えと一緒に、凹凸のない壁材、クッションフロア、フローリングに変えると、汚れがたまりにくくお掃除もしやすくなります。
デザイン性はもちろん、消臭機能、防汚、防カビ、防水タイプ、丈夫で汚れをふき取りやすいクロスなどが選べます。

トイレリフォームで節水、節電

家の中で一番水を使うのはトイレ。
排水の工夫により、最新のトイレは少ない水でもしっかり流せるようになっています。15年前のトイレは一回あたり13L流すのに対して、最新のトイレは3~6Lほど(機種・メーカーによる)と大きく節水できるようになりました。
1回の費用は小さくても、トイレを使う回数は4人家族でおよそ15~20回/日。毎日のことですから大きな差です。

トイレリフォーム例1「TOTOネオレスト」の場合

「eco小」機能搭載で、最小の洗浄水量は3L。年間で約15,000円分の節水に。
節電機能としては瞬間暖房便座やタイマーで「使うときだけ暖める」。年間で約5,000円の節電が可能に。
(節電・節水の金額は一例です。実際には既存の機種や条件により変わります。)

トイレリフォーム例2「Panasonicアラウーノ」

「小」の流水量は3.6L、年間で約14,000円の節水に。
人感センサーであったか速暖便座が作動、使うときにすぐに暖かくなります。エコモードでは設定温度を抑えてさらに節電、年間約7,000円の節電が可能です。(節電・節水の金額は一例です。実際には既存の機種や条件により変わります。)

トイレの機種・機能はさまざま。リフォーム前に必ず事前調査を。

便利で快適な機能がついてエコ性能も上がっている最新のトイレですが、もちろん既存の建物の状態によって設置の条件が変わりますので、事前の調査が不可欠です。
トイレの給排水位置によって施工内容が違いますし、トイレの空間・ドア位置・窓位置によって紙巻や手すりなどの取り付けアクセサリーが変わってきます。

将来に備えてトイレもバリアフリーにリフォーム

バリアフリートイレにリフォーム段差をなくして引き戸にする、手すりをつけるなどで、トイレの使いやすさがガラッと変わります。
特に年配の方からは「トイレが楽になった!」という声をいただきます。
体の不自由な方に使いやすいトイレは、誰でも使いやすいトイレ。リフォームの機会にバリアフリー仕様にする方も多いです。

バリアフリーなら全自動トイレがおすすめ

最近お店などで増えている、人が入ったのを感知してライト点灯・便座のフタが開き、洗浄・換気も自動で行うトイレに入ったことがありますか?
至れり尽くせりでちょっとびっくりしてしまいますよね。
でも、お年寄りで一つ一つの動作が大変になってくると、洗浄まで全部自動でやってくれるトイレはとても便利です。
各メーカーのショールームや、ゆい工房ショールームのトイレもこの自動タイプを取り入れています。ぜひお気軽に体感してみてください。

何にいくらかかる?トイレリフォームの内容と費用

気になるトイレリフォームの費用ですが、最低限の便器の取り換えだけなら10万円程度から可能になります。
便器の価格だけでなく、ほかにどんな費用がかかるか見てみましょう。

見積項目費用
トイレ・タンク・ウォシュレット本体

10万円~(平均30万円)

処分費3万円~
解体撤去工事費3万円~
取替工事費2万円~
内装工事費4万円~
電気工事(コンセントがない場合)3万円~
配管工事2万円~

水まわりはまとめてリフォームがおすすめ

約20年をめどにメンテナンスが必要になる水まわり(お風呂・キッチン・トイレ・洗面台)のリフォーム工事は、まとめて行うのがおすすめです。

まとめてリフォームをおすすめする理由

給湯関係を統一、快適に

キッチンはガス湯沸かし器、お風呂はバランス釜、洗面台はお湯が出ない…のようなお宅も珍しくありません。まとめてリフォームすると、そうしたバラバラになっている給湯を、例えばエコキュートやエコジョーズなどにまとめて快適にすることができます。

水まわりの動線を一気に変えられる

水まわりは、快適性もさることながらなんといっても機能的な動線にこだわりたい部分。
隣接した水まわりをまとめてリフォームすることで、使いづらさを一気に解消することができます。

手間が省ける

水まわりのリフォームは給排水管の点検や変更を必ず伴います。バラバラに行うと、一箇所するたびにその手間と費用がかかります。
また、例えば築年数がたってトイレが壊れてリフォームが必要な場合、お風呂も近い将来にリフォームが必要になると考えると、早めのリフォームがおすすめです。

メンテナンス性が高い

例えばシロアリが発生しているような場合、水まわりの複数個所にまたがって発生することも少なくありません。
まとめてリフォームすれば、シロアリが出た箇所と出そうな箇所を一度に確認でき、防蟻処理を施すことができます。

デザインを統一できる

まとめてリフォームすれば、脱衣場は新しいのに、お風呂が古い、などといったことがありません。内装材や設備もまとめて準備するので、同じものをそろえることができデザインを統一できます。

よくあるトイレリフォームの費用

トイレ交換だけでない、よくトイレと一緒に実施することの多いリフォームの費用と工期の目安です。
水回りが隣接していない場合は、必ずしもまとめたほうがいいわけではありませんので、建物の現状を調べてご希望をおうかがいした上で提案させていただきます。

工事工期費用
和式を洋式にする2日~40万円~
トイレ交換と内装(床と壁の張り替え)1日~30万円~
トイレ交換と内装、手洗いカウンターの設置1日~50万円~
水まわり(トイレ・風呂・洗面・キッチン)まとめて5日~200万円~

トイレリフォームと一緒に断熱リフォームがおすすめ

水まわりのリフォームをする際には、トイレやお風呂の断熱化もおすすめしています。
やはり冬の快適性が大きく変わるからでしょう、浴室暖房・トイレ暖房などを取り入れられたお客様の「あれしてもらってよかったわ!」という満足度が高いです。
このほか窓を二重サッシにする・床下に断熱材を入れるなどでトイレやお風呂が劇的に暖かくなり、ヒートショック予防につながるので、ご検討をおすすめしています。

リフォームローンやリフォーム補助金もご相談ください

tax_money 水まわりをまとめてリフォームすると、劇的に快適で便利になるメリットはありますが、やはり一度にかかる費用が大きいというデメリットがあります。
ゆい工房では無理なく安心してリフォームしていただけるよう、リフォームプランと一緒に資金計画のご相談も承っています。

リフォーム補助金

トイレの省エネルギー化や、手すりの設置などバリアフリー化は補助金の対象となることがあります。ゆい工房はこういった補助金が適用されるリフォーム実績も豊富ですので、ぜひ活用してください。

>補助金情報を見る

トイレリフォームに介護保険

要介護認定を受けた方が住んでいる場合、リフォーム費用が介護保険から最大18万円支給されます。

>介護リフォーム

ゆい工房はお客様と向き合います

トイレリフォームの前にしっかりご説明後悔のないトイレリフォームのために、ゆい工房はしっかりお客様と向き合います。
私たちがリフォームで目指すのは、お悩みの解決だけではなく、安心して笑顔で毎日を送っていただけることです。
だからメリットもデメリットもしっかりご説明して現状をご共有、お客様の理想やライフスタイルを理解した上でお客様と一緒に考えます。

トイレリフォームの周辺工事やメンテナンスもお任せ

きちんと修理します

ゆい工房は元々、水まわりの修理を専門に行う会社でしたので、トイレのリフォームは得意とするところ。今も修理を専門にする部署があり、メンテナンスにもすぐにご対応できます。

今では新築や大規模リノベーションの施工実績も豊富ですので、トイレリフォームだけでなく水まわりの間取りの変更や内外装などトータルで行うリフォームにも自信があります。

>住まいのことは何でも対応

 

責任もってご対応します
ゆい工房 長谷川 智也

無料で何度でもご提案します

ゆい工房ってどんな会社?

TOTOピュアレストQR便座/ウォシュレットF1A(オート便座洗浄付)
セット商品定価203,100円(税別)を特別価格で!

新潟トイレリフォーム費用プランTOTOピュアレスト

152,325円(税別) ~

標準工事費:25,000円~
・便器の取り替え
・和式から洋式に
・ウォシュレットの取り付け

工期:半日~1日

リフォームギャラリー

トイレリフォーム

新潟リフォーム

トイレリフォーム

新潟トイレリフォーム

リフォーム事例