トイレの床をリフォームして快適で清潔な空間に

トイレの床張替えリフォーム

あなたのお家では、トイレにどんな床材が張ってありますか?

「トイレの床が汚くなってきたけど、リフォームするべきか分からない」という方も多いかと思います。

トイレの床のリフォーム

トイレは一日に何度も使う、とても大切な場所です。
トイレの床の張替えについて簡単にご案内しますので、ご参考になさってくださいね。

トイレの床材の種類

トイレの床はどんな床材を選べばよいでしょうか?

新潟ゆい工房でよくご提案する、代表的なトイレの床材をご紹介します。

クッションフロア(CF)

トイレの床材_クッションフロア(CF)

クッションフロアは塩化ビニル素材のシート状の床材です。耐水性が高いことに加え、汚れが付きにくく落ちやすいため、掃除に手間がかからないというメリットがあります。

また、比較的低価格で施工も容易なので、とてもよく使います。

色やデザインの種類も豊富です。

ただ、経年劣化が早く湿気で剥がれたり、重いものを置くと凹んだり、傷がついたりしやすいのがデメリットです。

丈夫な店舗用のクッションフロアを選ぶか、定期的な張替えメンテナンスを予定しておきましょう。

フロアタイル

トイレの床材_フロアタイル

塩化ビニル樹脂を用いて、タイル状に加工した床材です。

木のフローリングや石のタイルそっくりな風合いなど、デザインが豊富でおしゃれに仕上げることができます。

クッションフロアと同じく塩ビ素材なので同じようなデメリットがあり、傷んだら張り替えるメンテナンスが必要です。

フローリング

トイレの床材_フローリング

 

フローリングと一口に言ってもさまざまな素材のものがあります。

(木材の例:桐、樫、ナラ、チーク、ヒノキなど)

トイレの床材をフローリングにすると、リビングや廊下との一体感が生まれます。

また、木ならではの温かい質感と、木材によってはサラッとした足ざわりの良さがあります。

ただし、傷つきやすく、水に弱い弱点があるため、フローリングを採用する際は耐水性加工された素材を選ぶようにしましょう。

木材は水をこぼしたらシミになるようなイメージがありますが、耐水性加工してあればよほどのことがない限り大丈夫です。

タイル(せっ器、磁器)

トイレの床材_タイル

 

タイルは耐水性や耐久性に優れていて、水を流して掃除しやすいです。

また、高級感のあるおしゃれな床にできます。

デメリットとしては、肌触りが冷たく冬場などはひんやりしてしまう点と、目地に汚れがたまりやすく掃除が大変な点が挙げられます。

トイレの床リフォームの費用

 

床だけを張り替えた場合の費用例をご紹介します。(1坪)

床材はグレードによって金額が変わりますので、参考程度にご覧ください。

床材費用例
クッションフロア1.3万円~
フロアタイル2.8万円~
フローリング4万円~
タイル5万円~

実際の工事費には、この他に既存床の撤去費用が(クッションフロアなら約2,000円、タイルなら約2万円程度)かかります

トイレの床リフォームの注意点

トイレの床をリフォームする際に特に気をつけたいことは、施工のタイミングと床の高さ、排水溝についての3点です。

トイレリフォーム中

トイレの床リフォームのタイミング

トイレ便器の撤去

「トイレの床が汚いなあ」「張り替えようかな?」と思われても、ちょっとまってください。

床を張り替えるために便器を撤去する場合がありますが、便器の着脱には2~3万円程度費用がかかります。

ですので、トイレ全体をリフォームするタイミングで一緒に床を張り替えるのがおすすめです。

床材の耐用年数は種類によって異なりますが、およそ10年から15年程です。トイレ自体の耐用年数も同じくらい。そのタイミングで張り替えると良いでしょう。

どうしても床だけなんとかしたい!というときは、便器着脱なしで可能かどうかお尋ねください。現地調査いたします。

トイレの床の高さ

ドアが内開き戸の場合、段差をつけると開閉しにくくなる可能性があるため、今ついているドアの開き方とドア下のスペースを確認しておきましょう。

トイレの床の排水口

トイレの床の排水口

掃除用にトイレの床に排水口を設けてあることがありますね。排水口があると床の汚れを水で洗い流せますが、流す頻度が低いと、下水の臭いがトイレ内にこもることがあります。

ニオイが上がってくるのは、蓋の役割をする排水トラップの水がなくなったのが原因なので、定期的に排水口に水を流すようにしてください。

最近はクッションフロアやフローリングの床が多くなり、排水口の設置は少なくなってきましたね。必要なさそうなら、排水口は設置しなくても良いでしょう。

トイレの床リフォームまとめ

・トイレの床の張替え費用は約1.3万円~プラス既存床の撤去費用

・床材の種類はいろいろ。メリットとデメリットを考えて選ぶ。

・床の張替えはトイレのリフォームに合わせて行うのがオススメ。

・排水口は必要性を再度確認して決める。

トイレの床だけをリフォームする機会はそんなにないと思いますが、「なぜそうしたいのか」をぜひご共有ください。

実現できるやり方を一緒に考えましょう!

ゆい工房はトイレ便器の交換のみや内装のみなどの小さな工事から、大規模リフォームまで幅広くご対応しています。

あなたの状況とご要望を考え合わせ、知識と経験を生かしてご提案します。

>トイレリフォームのページ

リフォームを初めて検討される方へ

ゆい工房ってどんな会社?

よくある質問

トイレリフォームの工期はどれくらいですか?

トイレリフォームの工期は半日~7日です。
単純に便器交換だけの場合は半日程度ですが、既存の状態や配管工事の有無によって変わります。

>トイレリフォーム

介護リフォームはできますか?

介護リフォームも承っております。
手すりの取り付けや段差の改修など、介護リフォーム(バリアフリーリフォーム)のプランは複数ありますが、ご家族にピッタリのプランでなければなりません。どんな改修が必要かお客様と一緒に考え、より住みよい環境を作るお手伝いをいたします。>介護リフォーム