屋根リフォーム 新潟市

屋根のリフォーム

屋根のリフォームはいつどんなふうに行えばいいのか?ご紹介します。

屋根リフォームのタイミング

雨漏りしてしまうと、家の構造部にカビが発生したり腐ったりするので大規模な修繕が必要になってしまいます。

そんな事態を防ぐために、リフォームやメンテナンスを行うのです。

こうなっていたらリフォームが必要です
 屋根の瓦が欠けている瓦が欠けたり、割れたりしている
 スレート屋根に藻が発生しているスレート屋根に藻が発生している
 屋根の塗装が剥がれている屋根の塗装が剥がれている
 屋根に錆が発生している屋根に錆が発生している

どんなことをする?屋根リフォーム

屋根のリフォームにはこのような種類がありますので、今後のリフォーム計画や予算、屋根材に合わせて方法を検討しましょう。

部分補修

屋根の部分補修

頻度:都度

破損した瓦を差し替えたり、傷んだ漆喰を補修したりという、今一番必要な部分のみを補修する方法です。

一部だけなので費用が最低限で済む反面、いずれは全体的な補修が必要です。

適切に行えば全体補修を延ばせます。たとえば数年以内に外壁リフォームと一緒に屋根を行う予定があり、それまでもたせたい時などに有効です。

屋根塗装

屋根の塗装

頻度:10~15年に1回

スレート、セメント瓦、金属製の屋根材(ガルバリウムやトタン)は、塗料によりますが10~15年ごとに塗装メンテナンスが必要です。

使うのは塗料のみで廃棄も出ないため、比較的安価で済みます。

屋根カバー工法

屋根のカバー工法(重ね張り)

頻度:築20~30年で1回のみ

既存の屋根の上から新しい屋根材を張ります。

張替えに比べて安価に済みます。

スレートや金属などの凹凸の少ない屋根で有効な方法です。

屋根が二重になって重くなるため、建物が全体的に劣化している場合は施工することができません。

屋根の葺き替え

屋根の張替え

頻度:30年~に1回

既存の屋根材を剥がして、新しい屋根を張ります。

費用・工期はかかりますが、下地の防水シートまでしっかりと補修することができます。

また、重い屋根材から軽い屋根材に変更することで基礎や柱への負担が減るため、耐震性が向上し、建物の寿命も延ばすことができます。

おすすめのタイミング

屋根リフォームにおすすめのタイミングはズバリ「外壁リフォームの時!」です。

なぜなら足場と養生と廃棄が一回で済むからです。

費用がかさむと思われるでしょうが、別々に行うより割安になりますので、おすすめです。

その他、雨樋や軒天のメンテナンスも同時に行うと良いでしょう。

屋根は普段の観察が大切

屋根は毎日風雨や紫外線を浴びて日々傷んでいきます。放置するのが一番良くありません。

「雨漏りがしてきて初めて屋根の不具合に気づいた!」

こんな事にならないように、普段からの観察がとても大切です。

ゆい工房では修理業務も行っています。雨樋のつまり取りなどの定期メンテナンスもおまかせ。

そのときに屋根の状態も観察しますので、ぜひ普段からお気軽にお申し付け下さい。

ゆい工房ではこんな屋根リフォームを承っています

  • 瓦・外壁の塗装
  • 瓦の葺き替え
  • 樋・雪止めの取替え
  • 外壁のリフォーム
  • 太陽光発電・ソーラー温水器の取り付け

ヒアリングの際は「こんな風にしたい!」を弊社スタッフにぶつけてください!
私たちは、それら全てにお応えし、ご満足いただける住まいづくりに尽力いたします。

責任もってご対応します
ゆい工房 長谷川 智也

リフォームを初めて検討される方へ

ゆい工房ってどんな会社?

雪でサンルームの屋根が壊れたら

物干しサンルーム

「大雪でサンルームの屋根が壊れてしまった!」

昨シーズン(2020~2021年冬)の新潟市・新発田市周辺ではこのような修理が多発しました。

新潟市内でも屋根に雪止めは必要?

 

雪止めのない屋根

新潟県の中では比較的降らないと言われている新潟市。と思えばドカッと降ることもあり…

よくある質問

外壁の張り替えと上張り(カバー工法)はどう違うのですか?

張替えは文字通り、既存の外壁を剥がして撤去したあとで新しい外壁を張ります。上張りは既存の外壁の上から新しい外壁を張ります。
上張りは金額が安く済み、工期も短いですが、外壁を剥がさないので壁内の点検・補修はできません。また、既存の状態によっては選べない場合があります。
張替えは上張りよりも工期、金額がかかりますが、外壁を剥がすことで壁内の防水シート・木部・断熱材の点検補修ができるところがメリットです。

現地調査は無料ですか?

はい、無料です。