新潟市内でも屋根に雪止めは必要?

 

雪止めのない屋根

新潟県の中では比較的降らないと言われている新潟市。と思えばドカッと降ることもあり…

新潟市内でも雪止めは必要?屋根リフォーム

「そもそも雪止めって要るの?」

「雪を落とさないと家が潰れない?」

新潟市や新発田市近辺でそんなご不安をお持ちの方へ、雪止めについてご案内します。

雪止めが必要な屋根

落雪で壊れたカーポートの屋根

  • 雪の落ちるところに通路がある
  • 隣家の庭に雪が落ちる
  • カーポートや駐車スペースに落ちる
  • 庇やサンルームの上に雪が落ちる
  • 隣家との間隔が狭い
  • 雪が落ちる場所に給湯器等がある
  • 落雪で雨樋が壊れる

新潟市内ではほとんど雪止めがついていますが、もし設置されていないなら、上記のような場合は雪止めの設置を検討したほうが良いでしょう。

屋根に雪止めを付けるメリットは、落雪による事故やトラブル、破損を防いでくれることです。

雪は、積もった状態で時間が経過すると固くなります。固くなった雪が通行人の上に落ちてしまったり、車やカーポートに当たってしまうと他人に怪我をさせてしまう可能性や、故障の原因になりますよね。

上記のような条件に当てはまる場合は、雪止めもしくは何らかの雪対策が必要です。

雪止めにかかる費用

雪止めのついた屋根

雪止め施工をするときの費用は概ねこのようになっています。

種類費用
雪止め金具10~20万円
雪止め瓦10~25万円
雪止めネット15~35万円

※一般的な30坪程度の住宅の場合。屋根の面積や家の作りで変わります。

登れるような屋根であれば足場は不要ですが、勾配が急な場合は足場の設置が必要になるので別途10~20万円程度かかります。

そのため、雪止めの設置は屋根の補修や外壁リフォームなどのメンテナンスのタイミングで行うのがおすすめです。

雪止めが必要ない屋根は?

融雪装置付きの屋根

  • 雪が落ちるところが広い庭になっている
  • 隣地やカーポートに雪が落ちない
  • 無落雪屋根
  • 融雪装置付きの屋根

豪雪地帯では通常、屋根の雪はそのまま落とす前提で家が建てられています。

しかし、雪があまり降らない新潟市内はそのような作りになっていない所も多いのです。(たまに、大きなお寺の屋根などには雪止めがついていないのを見かけますが。)

無落雪屋根や融雪装置は、屋根を雪から落とすことなく融かしたり飛ばしたりしてしまおう、とするものです。

雪下ろしの手間をなくすため、どちらも新潟市では目にすることはありません。豪雪地帯で採用される事が多いです。

雪下ろしの手間と落雪の危険がないため採用が浸透してきていますが、メンテナンスの手間や家の歪みなどデメリットもあります。

雪止めをつけると家が潰れる?

雪で潰れたプレハブ小屋

大雪が降るとよく「家が倒壊した」などと新聞に載ったりしますね。

雪止めをつけると雪が落ちていかないから家が潰れるのでしょうか?

しかし記事をよく見てみると、倒壊したのは「空き家」であることが多いはずです。

人が住んでいる家は、煮炊きをしたり暖房をしたりで暖かく、屋根の雪も溶けやすいため、倒壊まで行くことはあまりありません。

心配な場合は軒先だけでも雪を落としたり、雪止め以外の対策を取りましょう。

屋根に設置する雪止めの種類

雪止めにはいくつかの種類があります。

家の屋根の形や材質にあった種類の雪止めを選びましょう。

雪止め瓦

雪止め瓦の屋根

  • 雪止瓦
  • 自在雪止瓦
  • 輪型雪止瓦

雪止めの突起がついた瓦です。屋根のリフォームで設置するときは、瓦の葺き替え時に敷設するか、一部(壁の真上)を雪止め瓦に差し替えます。

屋根の広さや積雪量により、2列入れる場合もあります。

雪止め金具

雪止め金具

  • ステンレス製
  • アルミ製
  • 亜鉛メッキ製

材質も形も様々なものがありますので、リフォームの際は担当者としっかり打ち合わせて選びましょう。

また、施工が悪いと雪ごと金具が落下してしまったり、屋根を破損させる恐れがあります。雪止め金具の施工経験の多い、地元の業者が安心です。

雪止めネット

雪止めネット「ゆきもちくん」画像:品種類一覧 | 雪止めネット・落雪防止 | ゆきもちくん

  • スノーヴィクトリー
  • スノーキング
  • スノートラス
  • ゆきもちくん
  • スノーZ

雪止め瓦や金具と併用すると、より強く落雪を防ぎます。

また、高さを出せるので太陽光パネルが設置された屋根にはネットタイプの雪止めが向いています。

想定外の雪のときは

雪で壊れた波板の屋根

天候はコントロールすることが出来ませんし、想定していない自然災害がないとも限りません。

もしも雪によって家や屋根が壊れるなどの被害が出てしまったら「火災保険」が有効です。「建物」が保証対象になっているか確認しておきましょう。

保険を使うときには、まず証券を確認し保険会社に連絡する必要があります。被害状況の証明のためにできる範囲で写真を撮っておきましょう。

保険会社から見積もりを出してほしいと言われると思いますので、ゆい工房など施工業者にご相談ください。応急処置と、より詳細な被害の写真を撮影できます。

なお、落雪で車に被害が出てしまった場合は車両保険になります。

まとめ

雪止めがついたガルバリウム屋根

  • 雪が落ちると危ないところには雪止めが必要
  • 勾配の強い屋根で雪止め施工するときは足場が必要
  • 人が住んでいる家が雪で倒壊することはあまりない
  • 雪止めには様々な種類があるので、目的と屋根材によって選ぶ
  • 雪止め施工は雪に慣れた地元業者が安心

もし落雪でお困りなら、対策として雪止めの設置をぜひご検討ください。

雪止めはただつければ良いというものではなく、正確に施工されていないと屋根の破損、ひいては雨漏りにもつながってしまいます。

なにかトラブルがあったときにはすぐ駆けつけられる、安心確実な地元業者にご相談ください。

ゆい工房はずっと新潟市北区で活動しておりこの地域には詳しいと自負していますので、雪止めに限らずお宅の状況に合った雪対策をご提案します。

>屋根リフォームのページ

リフォームを初めて検討される方へ

ゆい工房ってどんな会社?

よくある質問

家のリフォームと一緒に外構リフォームもしたいのですが

はい、可能です。お家と一緒に現地調査させていただきます。

庭を駐車場にする、庭木の移植や庭石の撤去など行なっておりますのでご相談下さい。