凍害ではがれた外壁を板金補修

tougai-sum

新潟県新潟市北区の我が家。築13年が経ち、そろそろ塗装しないといけないのかなと思っていました。 窓の上のあたりが少し色が変わってきたなぁと思っていたら、ここ1、2年で急速に外壁がはがれてきました。あわててリフォーム事業部に見てもらうと・・・

凍害です。ここを塗装しても、すぐにはがれてしまいます。」

外壁リフォーム 新潟

新潟でよくある「凍害」とは

凍害とは、窯業系サイディングで見られる現象で、外壁材に浸み込んだ水分が凍り、膨張して表面部分が浮き上がる症状を言います。小さな凍害程度であれば補修はできますが、ひどくなると外壁を張替えなければならなくなり、工事金額も高額になってしまいますので、早めのお手入れが必要になってきます。雨水からお家を守る為にも、塗装メンテナンスが大切です。

外壁が凍害にやられたら

凍害になってしまった外壁工事には、色々な方法があります。

外壁の張り替え

予算例:200万円位
今ある外壁を剥がし、新しい外壁を張り直します。
工期、費用がかかりますが、全部リフレッシュでき、壁体内の下地や断熱材を確認・補修できるというメリットがあります。

外壁上張り

予算例:150万円位
今ある外壁の上から新しい外壁を重ね張りします。
外壁の重量や厚みが増すため、条件によっては施工できません。外壁の劣化状況にも左右されます。廃棄や解体がないので工期・費用が抑えられます。

外壁の部分補修+全塗装

予算例:100万円位
凍害がひどい部分を先に補修した上で、全体を新たに塗装しなおします。塗装できないほど傷んでいる部分が多い場合は、選択できません。

外壁の部分補修(板金)

予算例:5万円位
これ以上外壁の劣化が進まないよう、傷んでいる箇所をカバーします。根本解決にはなりませんが、放置するよりも劣化を遅らせ、トータルでの補修費用を抑えることができます。
数年以内に本格的なメンテナンスが必要です。

今回は、お客様の状況やご希望と照らして部分補修にしました。また近いうちに家全体の塗装をする予定です。

凍害にやられた壁を板金補修

  1. 外壁の凍害でやられた箇所は塗装ができません。
  2. 凍害のひどいサッシの周りに、木材の下地を打ち付けます。
  3. 下地を打ったら上から板金をはめ込み固定。
  4. 最後に上からコーティングをして完了です。

お客様の希望に合わせてご提案します

板金補修は、外壁のメンテナンスという意味では本当の解決になっていません。
ですが、お客様との話し合いで「メンテナンスが必要だが、数年後に大規模リフォームの希望があるのでそれまでもたせる」ことが必要ということが分かれば、それに沿ったご提案を致します。
私たちがリフォームで目指すのは、お悩みの解決だけではなく、安心して笑顔で毎日を送っていただけること。
だからお客様に寄り添って、どうするのが一番いいか、お客様の理想やライフスタイルを理解した上で一緒に考えます。

外壁診断

問題なし 少し目立つ ひどく目立つ
壁の浮き・破損・落下はありますか?
ヒビは入っていますか?
小さな穴がいくつも空いていますか?
塗料の浮き・剥がれはありますか?
カビや藻は発生していますか?
白い粉が手につきますか?
汚れが目立ちますか?
色褪せ・変色が目立ちますか?