家の中なのに外みたいな寒さ、断熱リフォームで防げます|寒がる男性と雪

断熱リフォームは寒さの原因と予算に合わせて

断熱を目的としたリフォームの規模や種類はいろいろあります。
まずは、お家の寒さの原因を確認し、ピッタリの断熱工事を見極めることが必要です。

内窓の設置

二重窓既存の窓に、内側から新しい窓を取り付ける工事です。
大がかりな工事をせず短時間で断熱効果を得ることができます。

工期(一窓当たり):60分~

内窓をつけると

新しい窓は断熱性の高い樹脂製、窓と窓の間に空気の層ができるので断熱性が高まり、部屋の温度を逃がしません。
結露ができにくくなるほか、防音・防犯効果もあるので住みやすさがぐんとアップします

年間の冷暖房費26%カットの例も

断熱窓取り付け前と断熱窓取り付け後

二重窓の断熱効果はサーモグラフィーで見ても一目瞭然。お部屋の温度が逃げないので冷暖房にかかる電気代が節約できます。

工事前:年間約116,000円
     ↓
工事後:年間約80,000円

年間約31,000円(26.3%)のカット

あくまで一例です。その他の条件等により削減率は変わります。

断熱使用の内窓を特別価格でご提供

断熱窓取り付け前と断熱窓取り付け後

YKK 内窓プラマードU
(幅1700mm×高さ1200mmの場合)

商品定価:73,700円(税別)を40%OFF

本体価格:44,220円(税別)
標準工事費1箇所:5,000円~

断熱材吹き付け工事

断熱リフォーム 新潟 車に積んだ専用マシンから、ノズルを施工箇所まで引き込み、発泡ウレタンなどの断熱材を天井や床などに吹きつける断熱工法です。

吹き付け工事の特徴

断熱材がぴっちり入っている吹き付けた面に膨らみながら吸着するので、施工箇所に隙間ができにくく、経年劣化でずれ落ちるようなことがありません。天井やデコボコがある部分でも施工しやすいという利点があります。

工事例(10畳の場合)

工期:1~2日
床下断熱…130,000円(税別)
天井断熱…100,000円(税別)

真空断熱パネルの内貼り工事

断熱材吹き付け工事冷蔵庫や魔法瓶で用いられる、「真空断熱材」を使った工事です。

冷気を閉じ込めたり熱湯を長時間保温したりできる高性能な素材ですので、冬場はもちろんのこと、夏場も涼しさを逃がしません。

お部屋の温度が暖まる時間が、リフォーム前の3分の1になったお客様もいらっしゃいます。

寒さの原因は「窓」「外壁」「換気口」

ご存知ですか?お家の寒さの原因は、外からの冷気が伝わって、暖房の熱は逃げているからです。

 48%の熱がから流出
19%の熱が外壁から流出
17%の熱が換気口から流出

ただし、安易な断熱リフォームには要注意

断熱リフォーム 新潟寒い原因を解決しないと、暖房された空気は簡単に外部に逃げて行き、更に結露に悩まされる場合もあります。

これから長い間、安心して快適に暮らせるようにするには、寒い原因を突き止めてしっかりとした断熱計画を立てることが大切です。
だから、ゆい工房はお家の寒さの原因を徹底的に突き止めます。
せっかくお金をかけてリフォームするのです、絶対に満足いくものにしましょう。

無料で「寒さの原因」を調査します

家が寒い場合、上記の通り窓から外の冷気が伝わっていることが多いのですが、窓だけでなく壁や天井、床下の断熱がどうなっているか?必ず詳しく調査します。

  • 床下・・・断熱材の有無と仕様を確認、湿気がある場合は、断熱材のカビをチェック。
  • 屋根裏・・・断熱材の有無と仕様を確認、熱気や湿気が通りやすいので、温度と湿度を測定。
  • 室内、壁面の調査・・・赤外線サーモグラフィを使い、室内から壁面の温度分布を調べます。

「窓を替えれば冷気を防げるかと思ったら、実は床下が断熱されていないのが寒さの原因だった」では元も子もありません。
私たちが目指すのは、リフォーム工事をこなすことではなく、「リフォームしてよかった!」というお客様の満足と笑顔なのです。

エアコン設置も承っております

寒冷地専用高性能エアコン MSZ-KXV255

 畳数の目安能力(kW)消費電力(W)
暖房7~9畳(12~15㎡)3.2(0.6~6.9)640(95~1980)
冷房7~10畳(11~17㎡)2.5(0.6~3.2)545(95~870)
  • 色:ピュアホワイト(W)・ブラウン(T)
  • 配管長30m/高低差20m

断熱リフォーム 新潟本体希望小売価格310,000円(税別)を50%OFF
本体価格:155,000円(税別)でご提供!
標準工事費:20,000円~

断熱工事をしたお客様からお喜びの声をいただきました。

断熱リフォーム 新潟

寒い冬でも明るくてポカポカ♪子どもが元気に駆け回る

断熱材を敷いたことによって、リフォーム前よりも暖かくてポカポカした空間になりました。
部屋が明るく暖かいので、寒い日でも子どもたちが部屋を走り回っているそうです。
「自然とみんながこの部屋に集まるようになった」と、お客様からお喜びの声をいただきました。


このように、床と壁を断熱リフォームすると暖房効率が上がります。
部屋の中に寒さを入れない!これが何よりの防寒対策なのです。 

まずはご相談ください

断熱リフォーム 新潟1.まずはご相談

お家の建設時季、夏の暑さや冬の寒さなど、気になるところをわかる範囲でお聞きします。

また、生活している中での不便や不満などの問題点、改善・改良をしたいところなどもお聞かせください。

2.床下・屋根裏の確認

床下は、断熱材の有無と仕様を確認します。湿気がある際に、断熱材にカビが発生しやすいかをチェック。

屋根裏は、断熱材の有無と仕様を確認します。熱気や湿気が通りやすいので、温度と湿度を測定します。

断熱リフォーム 新潟3.室内温度・壁面温度の測定

冷暖房エネルギーのロスはどこからが多いのかを具体的に確認するために、赤外線サーモグラフィを使い、壁面の温度分布を測定します。

無料調査のお申し込み

ゆい工房ってどんな会社?