2021年10月まで|グリーン住宅ポイント制度

グリーン住宅ポイントについて

新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ経済の回復を図るとともに、環境に配慮した住宅投資の喚起のためにグリーン住宅ポイント制度が始まりました。

最新情報はグリーン住宅ポイント制度のサイトにてご確認ください

グリーン住宅ポイント制度

グリーン住宅ポイントとは

一定の省エネ性能を有する住宅のリフォームや新築に対して、商品や追加工事と交換できるポイントが発行される制度です。
付与されたポイントは、環境や子育て支援に役立つ商品などと交換できます。

グリーン住宅ポイントの期間

対象期間:令和2(2020)年12月15日~令和3(2021)年10月31日に契約締結

グリーン住宅ポイントはどれくらいもらえる?

新築住宅も対象になりますが、ここではリフォームの場合についてご案内します。

対象者上限ポイント
一般世帯30万ポイント
一般世帯(R住宅を購入)45万ポイント
若者・子育て世帯45万ポイント
子育て・子育て世帯(既存住宅を購入)60万ポイント

若者世帯とは:契約者(申請者)が40歳未満で対象住宅に居住する世帯

子育て世帯とは:18歳未満の人が同居している世帯

R住宅とは:耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅

グリーン住宅ポイントの対象工事

どんなリフォームがポイント付与の対象になるの?

ポイント付与の対象になるリフォーム工事の条件は下記のようになっています。(「※必須」はどちらか必須。)

断熱改修とエコ住宅設備が必須になっていますので、例えば「手すりとホームエレベーターの設置」だけでは対象になりません。

対象工事付与ポイント数
断熱改修
※必須
窓ガラス2,000~/1枚
内外窓13,000~/1箇所
ドア24,000~/1箇所
外壁50,000~/1戸
屋根・天井16,000~/1戸
30,000~/1戸
エコ住宅設備
※必須
太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯器24,000/1戸
節水型トイレ16,000/1台
節湯水栓4,000/1台
耐震改修150,000/1戸
バリアフリー改修手すり5,000/1戸
段差解消5,000/1戸
廊下幅等拡張6,000/1戸
ホームエレベーターの設置28,000/1戸
衝撃緩和畳の設置17,000/1戸
リフォーム瑕疵保険等への加入7,000/1契約

グリーン住宅ポイント対象工事の例

実際にどのようなリフォーム工事でどれくらいのポイントになるのかご紹介します。

窓のリフォーム

例:寒さを防ぐために居間の窓を二重窓にする

断熱改修に当てはまるのでグリーン住宅ポイントの対象となります。窓の大きさによって付与ポイントが違います。

グリーン住宅ポイント対象リフォーム

 

参考工事費内窓設置2箇所 約11万円※商品、付帯工事によります
ポイント例33,000ポイント

参考:その他の断熱改修・・・窓の交換、ドアの交換、壁や床への断熱材追加。

お風呂のリフォーム

例:ユニットバスと窓を交換して廊下幅を拡張する

お風呂をリフォームする場合、エコ住宅設備バリアフリー改修断熱改修に当てはまり、グリーン住宅ポイントの対象となります。

 

グリーン住宅ポイント対象_お風呂リフォーム

参考工事費風呂リフォーム工事 約100万円※商品、付帯工事によります
ポイント例82,000ポイント

グリーン住宅ポイントは何と交換できる?

ポイント交換商品を調べる

なお、グリーン住宅ポイントは、商品との交換の他に「新たな日常・防災」のための追加工事費用に当てることができます。

ポイントの発行対象となった工事の契約と同じ事業者が行う必要があります。

ポイントで交換できる追加工事

新潟のリフォームならゆい工房へ

グリーン住宅ポイントは申請をしなければ受け取ることができません。

ゆい工房でリフォームしていただいた際には面倒なポイント申請手続きをサポート、代行します。

毎月のリフォーム無料相談では、どんな工事が補助金やポイントの対象になるかなどもわかりやすくご説明しますので、お気軽にご参加下さい。

新潟リフォームゆい工房スタッフ ゆい工房 佐藤 勝

相談会情報

ゆい工房ってどんな会社?

よくある質問

なぜ断熱が必要なのですか?

大きく分けると4つ理由があります。
1、家族の健康ため。・・・屋内の温度差によって血圧が上がったり下がったりし、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞を招く「ヒートショック」を防ぎます。2006年のデータでは、年間14,000人がヒートショックで亡くなっています。
2、地球環境のため。・・・正しく断熱されていると冷暖房が効きやすいので、省エネルギーになります。(家計にとっても省エネになりますね。)
3、家の長持ちのため。・・・正しく断熱されていると壁の内側の結露が発生しにくいので、家の内部構造のカビや腐食を防ぎます。結果、家が長持ちします。
4、快適に過ごせる。・・・部屋の暑さ・寒さは、暮らしに直結します。広い家なのに、寒さを防ぐために間仕切りして小さく使うのはもったいないと思います。

新潟市で使えるリフォーム補助金はありますか?

新潟市健幸すまいリフォーム補助金などがあります。
予算を消化次第終了するなど、期間が決まっていない制度は終了している場合がありますのでご注意ください。

≫ 新潟市リフォーム補助金

リフォーム補助金情報をもっと見る